款璽丸


奄美 奄美大島 大島海峡 加計呂麻島の大自然の中で、海洋レジャーサービス船として海遊びを提供しています。
by teamkanji
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
魅力的な記事でした。 ..
by 履歴書の書き方の見本 at 10:07
あけましておめでとうござ..
by 会長 at 17:59
あの時は本当楽しかったで..
by itto at 20:14
はじめまして、田上様 ..
by teamkanji at 12:55
はじめまして。 このヘ..
by 田上 at 18:27
まさかのサプライズ!・・..
by teamkanji at 00:15
道具も全部揃えてくれるし..
by erica at 23:52
以前の記事
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


サンゴ礁の調査

実久海岸
東シナ海と大島海峡の出会う島の北西端に位置する実久海岸
実久集落の目前に広がる遠浅の海岸は、サンゴ礁の生み出す大海原のグラデーションが美しく訪れる観光客も多く賑わっていた海岸であったが 温暖化の影響で白化現象やオニヒトデの異常発生などで、その姿は一転

今回、地元漁協の依頼により、Aポイント Bポイントのサンゴ礁の調査を行いました。
c0203337_139156.jpg
A ポイント
地形/礁地 被度/25%~49% 底質/岩
c0203337_1391528.jpg
回復しつつあるサンゴ礁
c0203337_1393186.jpg
c0203337_1394065.jpg
c0203337_1395121.jpg
サンゴの赤ちゃん
c0203337_2294986.jpg
c0203337_13101114.jpg
B ポイント
地形/離礁 被度/0%~24% 底質/岩
c0203337_13102593.jpg
いたいた、こいつがサンゴを食い荒らすオニヒトデである
c0203337_13103675.jpg
レイシガイもサンゴを食い荒らす巻貝として駆除の対象である
c0203337_13104345.jpg
c0203337_13105433.jpg
c0203337_1311476.jpg
サイズは、小さいが所々にサンゴの成長が見られた。
c0203337_13111791.jpg
c0203337_13112532.jpg
デリキョンマ
テーブルサンゴやエダサンゴ、色とりどりの熱帯魚が多く生息している。その為、ダイビングやスノーケリングなどレジャーが盛んな海岸である。
c0203337_13114163.jpg
西側ポイント
地形/礁地 被度/50%~74% 底質/砂 ( デバスズメダイ )
c0203337_13115416.jpg
エダサンゴとスズメダイが多く生息している
( ロクセンスズメダイ )
c0203337_1312219.jpg
c0203337_1312148.jpg
白化しているサンゴには、レイシガイがほぼ生息していた
c0203337_13122552.jpg
( ミスジリュウキュウスズメダイ )
c0203337_13123824.jpg
c0203337_13125050.jpg
c0203337_1313359.jpg
下の写真にも、レイシガイの姿が・・・分かるだろうか?
c0203337_13131466.jpg
c0203337_13132554.jpg
c0203337_17165697.jpg
東側ポイント
地形/礁地 被度/50%~74% 底質/岩
c0203337_13133972.jpg
テーブルサンゴやイシサンゴ・オオイソバナなどが多く生息している
c0203337_17171519.jpg
オオイソバナ
c0203337_131347100.jpg
イシサンゴ
c0203337_13135686.jpg
おとぎ話に出てくる竜宮城の様だ
c0203337_1314324.jpg
c0203337_13141089.jpg
やはりここにも、レイシガイが居た
c0203337_13141886.jpg
c0203337_13142639.jpg
c0203337_13143626.jpg

[PR]

by teamkanji | 2011-10-26 16:55 | | Trackback | Comments(0)

釣り日誌 喜島会長編

快晴の秋空 穏やかな海 港からは、次々と釣り船が出て行く
そこへ奴が来た! ・・・喜島会長である 朝早くから波止場でルアー釣りをして来たと言う
クーティナ(釣れたね)と聞くと、「ムナ(釣れなかった)」と会長 

お昼前、潮が良いので(魚が釣れる時間帯)釣りに行くか誘うと、「行きたい」と会長
私の同級生 平氏と3人で出かけることに

活き餌を付けて泳がせ釣りをしていた平氏の竿に強烈な当たりが・・・来たー
ところが、平氏 余所見をしていた為、痛恨のばらし ダーミチュン(どこ見てる)訳
そこへ会長、「ハイ・ヒット」
c0203337_10382417.jpg
釣り上げたのは、スジアラ
c0203337_10384858.jpg
またしても会長、本日2匹目 049.gif get
c0203337_1039255.jpg
10月現在地元市場では、1㌔あたり高値二千二百円で落札されているそうです。
c0203337_10391913.jpg

[PR]

by teamkanji | 2011-10-25 12:00 | さかな釣り | Trackback | Comments(2)

ゴールイン

拝啓
「お元気でお過ごしのことと思います
ご報告遅れましたが私達今年二月三日に入籍を済ませこの度
結婚式を挙げることになりました
私たちの新しい門出を皆様に見守っていただきたく
ささやかながらパーティを催します
ぜひお越しください」との、招待状が届きました
c0203337_1934236.jpg
お二人は款璽丸のお客さんでーす 053.gif
新郎 は、ウェィクボードがとても上手な方です。
c0203337_8472194.jpg
新婦
c0203337_19315741.jpg
お二人でウェィクボード
c0203337_19322199.jpg
c0203337_19324195.jpg
c0203337_19325295.jpg
053.gif 仲 睦まじい 053.gif
c0203337_1933519.jpg
いつも、仲良く笑顔を絶やさない お二人さん
c0203337_19332156.jpg
お付き合いをスタートさせ結婚というゴールに到着したお二人さん
本物の愛は静かにやってくる ( アメリカのことわざ )
「どんな大変なことが起こっても、お二人の心の中に静かな愛があれば順風満帆のときと変わらず、人生の船の舵取りをすることが出来るでしょう」
と、カンパイの挨拶を頼まれ お二人の今後のお幸せを祝福しました。
c0203337_1935049.jpg

[PR]

by teamkanji | 2011-10-24 20:45 | その他 | Trackback | Comments(1)

加計呂麻島 巡り

ハイビスカスの詩
c0203337_9301461.jpg
東京から、来られた東様御一行
東さん、実は親が地元 請阿室出身との事
今回、東京生まれ・東京育ちの子供たちと里帰り
この日は、天候が悪く クルージングでの加計呂麻島一周は出来なかったが
加計呂麻島に渡り車で、観光をすることとなりました。
c0203337_9302340.jpg
その前に餌付けポイントでお魚さん達に餌を上げました。
c0203337_9303478.jpg
初めて加計呂麻島に来られた子供たち
手から直接餌を上げ楽しまれていました。
c0203337_9304352.jpg
飛び込みたくなる気持ちは、分かりますけど・・・寒くないですか???
c0203337_930514.jpg
加計呂麻島 渡連 ペンション来々夏ハウスさんで昼食をとりました。
c0203337_93114.jpg
魚定食 「アジのから揚げが頭・骨までパリパリと食べれて、とても美味しかったです。」
c0203337_931963.jpg
来々夏ハウス テラスにて
c0203337_931174.jpg
安脚場戦跡公園にて
c0203337_931251.jpg
「これ、なんですか・・・?」
これはソテツの実、ナリと言いますよ
私たちの子供のころは、このナリで笛を作って遊んだものです。
c0203337_9313480.jpg
何十年ぶりに作るだろう・・・
さっそく、子供たちに作り方を教えると夢中になって作っていました。
作り始めて10分程で出来ました。
c0203337_9314967.jpg
さー、音が出るか吹いてみよう
c0203337_9315796.jpg
そこまで、力まなくても 003.gif
c0203337_932537.jpg
かね ん て ざき ぼう び えい しょ あと
金子手埼防備衛所跡
大島海峡に進入する潜水艦を防ぐための防潜網、聴音機による監視や、管制機雷の遠隔操作による爆破操作などの管理を行っていた。跡地
c0203337_9321238.jpg
c0203337_9322155.jpg

加計呂麻島 自然海塩工房
昔ながらの製法にこだわって、心をこめた天然塩作り
c0203337_9322933.jpg
c0203337_9323761.jpg
c0203337_9324534.jpg
薪を込める体験をしました。
「火のぬくもりを感じました。」
c0203337_9325279.jpg
徳浜海岸
c0203337_933297.jpg
c0203337_9331031.jpg
c0203337_9331891.jpg
c0203337_9332561.jpg
姉・兄・妹・弟
c0203337_9333238.jpg
諸鈍 デイゴ並木
c0203337_9334011.jpg
根っこが空洞の「ほこらデイゴ」の中に入ると、子宝に恵まれるとか。
c0203337_9334781.jpg
家族で記念撮影 美男・美女 ファミリ
c0203337_9335495.jpg
c0203337_93424.jpg
c0203337_9341273.jpg
奄美のカラフルな魚 ナンヨウブダイ
c0203337_9341975.jpg
c0203337_9342842.jpg
地元の漁師さんと、ハイ・ポーズ
c0203337_9343513.jpg
デイゴ並木通りにある
喫茶ホットリップス
c0203337_9344227.jpg
c0203337_9344923.jpg
上田 由紀子さんご馳走様でした。
c0203337_9345751.jpg
葉や花にニンニクのような香りがする
ニンニクカズラ
c0203337_935313.jpg
今回、車をお借りした来々夏ハウスさん 040.gif ありがとうございました。
c0203337_9351135.jpg
雲のすき間から神の光がそそいでいました。
c0203337_9352047.jpg

[PR]

by teamkanji | 2011-10-20 12:05 | 地元紹介 | Trackback | Comments(0)

マグロの解体ショー

以前、仲間と釣り上げた奄美の クロマグロ
c0203337_21195962.jpg
マグロを清め 包丁を清め、いよいよ解体です。
c0203337_2120810.jpg
c0203337_21201819.jpg
c0203337_21202894.jpg
c0203337_13595257.jpg
かまとろ
c0203337_21204415.jpg
c0203337_21205252.jpg
骨髄の中のゼラチン
c0203337_2121097.jpg
塩煮 「島言葉で、マシュニ
左から、マグロの腹身 ( 豚の三枚肉 ) の様な食感 皮 血合い
c0203337_22363738.jpg
晩酌の肴に頂きました。
c0203337_22364918.jpg

[PR]

by teamkanji | 2011-10-16 21:22 | 款璽丸 | Trackback | Comments(0)

スーパーおじいちゃん

愛知県から、来られた森さん ( middle nemu チュウショウさん )
以前にも、紹介しました白浜陶器店のおやじさんの大親友だそうです。
奄美大島へ来られた際、加計呂麻島で海遊びをさせて欲しいと来られました。

さかな釣り
釣りをしながら、ダジャレを連発・・・本当に頼もしい方でした。
c0203337_950545.jpg
スノーケリング ポイントまでは、スーパーマーブルで移動
c0203337_1057463.jpg
スノーケリング
c0203337_951181.jpg
餌付けポイントにて・・・
c0203337_9511074.jpg
熱帯魚と戯れるチュウショウさん
c0203337_9511795.jpg
c0203337_9512718.jpg
c0203337_9513572.jpg

[PR]

by teamkanji | 2011-10-15 10:31 | お客様 | Trackback | Comments(0)

釣り上げたお魚で昼食

龍郷町から来られた川畑様ファミリ
スーパーマーブル体験
c0203337_8877.jpg
さかな釣り
ヒブダイ
c0203337_88182.jpg
オビブダイ
c0203337_882785.jpg
サザナミトサカハギ
c0203337_883754.jpg
加計呂麻島 渡連 ペンション来々夏ハウスさんにて昼食
ヒブダイの姿造り
c0203337_884790.jpg
アオサアジのから揚げ
c0203337_885654.jpg
メアジのバター焼き
c0203337_89551.jpg

[PR]

by teamkanji | 2011-10-15 08:35 | さかな釣り | Trackback | Comments(0)

加計呂麻島の子供たち

加計呂麻島 諸鈍集落の学校に通う子供たち
幼いころから、三味線を弾き太鼓を叩く学習に取り組んできた子供たち
c0203337_2121551.jpg
今回、フランスからゲストさんが来られ シマ唄・奄美の民謡を聴かせて上げることに
c0203337_2122541.jpg
シマ唄を聴かせてくれた左から、勘太(かんた)くん 友樹(ゆうき)くん 夏龍(かりゅう)くん
ありがとう 016.gif
c0203337_21221292.jpg
空、山、海に響くシマ唄 ≪民謡≫
c0203337_21222248.jpg

[PR]

by teamkanji | 2011-10-14 21:52 | 地元紹介 | Trackback | Comments(0)

釣り日誌 款璽丸編

泳がせ釣り
久しぶりの泳がせ釣り 狙うは、もちろん アラ
( 泳がせ釣りとは、活きた小魚を仕掛けに掛け獲物の居そうなポイントを狙い大型魚を食いつかせる釣りです。)

上島釣具店 オリジナル ワンピース ロッド ウエシマ弁慶スペシャル245M
「下の写真は、水深100m から 4㌔ のスジアラを巻き上げている時の様子です。」
c0203337_19395541.jpg
最近の釣果

スジアラ 4㌔
「地元では、赤仁・ハージン・アハディミ とも呼ばれています。」
c0203337_19352175.jpg
スジアラ 2.6㌔
c0203337_2256182.jpg
センネンダイ 3.7㌔
「地元では、サンバラダイ と呼ばれています。」
c0203337_22562895.jpg
アカハタ 
「地元では、トゥッキャハーネバリ とも呼ばれています。」
c0203337_19381473.jpg

[PR]

by teamkanji | 2011-10-12 23:07 | さかな釣り | Trackback | Comments(0)

釣り日誌 MADOKA 編

夜釣り体験
今回のターゲットは、ホウセキキントキ 「地元では、ハーメ と呼ばれている魚です。」
釣り始めから、爆釣
c0203337_20282625.jpg
キツネフエフキ 「地元では、フトゥルク と呼ばれています。」
c0203337_20283442.jpg
ホウセキキントキのトリプルヒット
c0203337_20284464.jpg
きびなご  地元では、「ヤシ」 と呼ばれています。
ヤシの由来・・・1年で8回、産卵する事から名付いたとか
c0203337_20285264.jpg
餌を付け
c0203337_2152512.jpg
仕掛けを下ろすと直ぐに ヒット
c0203337_2029037.jpg
センネンダイ 「地元では、サンバラダイ と呼ばれています。」
c0203337_2029952.jpg
2時間ほどで、大漁しました。
c0203337_20292080.jpg
その場で、姿造りに
c0203337_20292753.jpg
それでは、実食・・・
c0203337_2562761.jpg
翌日、朝8時から~6時間
1匹づつ丁寧にうろこを取り内臓も取ってきれいに扱いました。
初めて魚を扱うMADOKAちゃん 最初の内は、うろこを上手く取ることが出来なかったが扱っていく内に上達していきました。
c0203337_2030692.jpg
クール便で北海道の実家へと送られました。
c0203337_20302546.jpg

[PR]

by teamkanji | 2011-10-11 09:00 | さかな釣り | Trackback | Comments(0)